今から10年近く前の中学生の頃こんなことがありました。

トイレでの話です。 

深夜は私は尿意で目を覚ましました。

眠い目をこすりながらも階段を降りトイレの電気をつけ、ドアを開けました. 

私は男ですので、もちろん立って用を済ませます。 

すぐに、チョロチョロと小便が出始めたのですが、

「あれ」と何か不思議な気配を感じました。 

いつもと何か違います。 

「ん?」と気をつけて周囲をみると、タンクの上についている蛇口。 

そこには芳香剤や水草のようなものが、普段置かれているのですが。 

今、普段見なれないものが置かれていました。 

それはもさもさした黒いボールのようなものでした。 

私は好奇心と、用をたしている間の手持ちぶさたから、

そのボールのようなものを手に取りました。 



そして、「くるっ」とこちら側をむけると、

一瞬なにがなんだか訳がわからなくなりました。 

それは目をつむった人の顔だったのです。 

しばらく私は放心したように、その顔を見つめていました。 

そして、あることに気がつきました。 

「あ、自分の顔だ」と。 

その瞬間です。閉じていた目がゆっくり開きこちらを「に~」と見つめてきました。 

そして、口元が悪戯っぽく「きゅっ」とつりあがりました。 

ここで、やっと私に正常な感覚が戻ったのか、 

「ぎゃーーーー!」大きな悲鳴をあげました。しかし、やはりパニックだったのでしょう、 

その頭は投げ捨てもせず、ずっと持ったままでした。 

持ったまま、その顔から目をそらすことも出来ず、

しばらく悲鳴をあげ続けていました。 

この後、自分がどうしたのかはよくわかりません。 

ただ、駆けつけた両親によると廊下にうずくまり、ぼそぼそと独り言を言っていたようです。 

すこしだけ私も覚えています。確かに何か独り言を言いながら、両親に脇を抱えられ 

部屋まで戻っていったと思います。

ただ、この記憶は夢のようにぼやがかかり、ハッキリしません。 

そして、その独り言は、 

「いいません、いいません、いいません・・・」 

だったような気がします。 

あれは、なんだったんでしょう??